なかじま眼科

お気軽にお問い合わせください。

トプコン3次元眼底像撮影装置(3D OCT-2000)

光干渉断層撮影と呼ばれる検査機器です。赤外線を照射して眼内の組織を断面画像にして解析し、緑内障・加齢黄斑変性・糖尿病網膜症など、いろいろな疾患の診断に用います。

「お知らせ」に戻る